煩雑な通関手続き

ベストケンコーのような医薬品の個人輸入代理を行う会社は、支持されることに理由があります。
例えば医薬品の医薬品の個人輸入を行う際の通関の手続きです。
個人で医薬品を購入して税関手続きを受けるのは非常に手間がかかります。
書類不備などでせっかくの医薬品が送り返されてしまったりしたら元も子もありません。
簡単に個人輸入する際の手続きの流れを説明しますと次のようになります。
まず荷物が到着すると、あなたが利用した運輸会社から連絡が入ります。
船会社や航空会社もしくは代理店からです。
連絡を受けた場合それらを受け取るための書類を用意せねばなりません。
それらは税関が要求する書類ですので、非常に多岐にわたります。
インボイスや領収書だけでは、受け取りの証明にはなりません。
保険をかけているならば保険証書も必要ですし、場合によっては他の官庁の承認等の書類も必要になります。
医薬品ですと大量に輸入したい場合は薬監証明書などを発行してもらう必要があります。
個人的な使用の場合ですと、営業の為に輸入したのではないということを、地方厚生局へ書類を出し証明してもらわなければなりません。
その後、荷渡指示図を受け取ります。
以上が荷物が到着するまでの流れです。
次に税関での輸入手続をしなければなりません。
輸入通関の手続きを行うわけですが、その為にはあなたの荷物が保管されている保税場所を管轄する税関に出向かなければならないのです。
そこで輸入申告書を提出して、輸入許可証を交付してもらうことになります。
その後に医薬品を手にすることができるわけです。
このような手続きが簡単な人は数少ないと思います。
特に船荷を降ろした直後の現場での確認作業は非常に慌しくて慣れない方は品物を見つけるのも難しいです。
しかし、ベストケンコーのような医薬品を輸入代行してくれる会社の利用はそういう点でも有利といえます。
まるで国内の通販会社を利用するような勝手で購入することができるからです。
難しい申請書を記入も必要ありません。
もちろん、ごちゃごちゃした通関の手続きも行う必要もありません。
何よりも注目したいのが、通関手続きを行う必要がないということは、どのような医薬品を購入したのかを直接知られることが無いというところでしょう。
例えば妊娠検査薬などの個人輸入の場合です。
不妊治療を受けている場合などは排卵期を知るためにも多くの排卵検査薬が必要になります。
必要であるとはいえ、こういったものはあまり購入を知られたいものではありません。
ましてや直接購入者が手続きをするのには抵抗感があるかと思われます。
そんな場合でも個人輸入代理業を通すなら、煩雑な手続きも踏まえて全て業者にまかせることができるのです。
特にベストケンコーのような医薬品を一手にあつかう会社では、到着保障など様々なサービスがあります。
複雑な手続きで個人輸入を行うよりも、個人輸入業者を通したほうが安全に手間をかけることなく医薬品を購入することができるのです。

Comments are closed.